Giardino in stile in stile Asiatico di 門一級建築士事務所

古さを活かしてモダンと共存するお洒落で快適な沖縄の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは、沖縄の住宅と聞いてどんなイメージを持ちますか?瓦屋根、住まいを囲う石垣、門に置かれたシーサー等々、色々な要素を思い浮かべるのではないでしょうか?今回ご紹介するのは、古き良き沖縄にある民家の特徴とモダンなデザインを組み合わせて建てられたスタイリッシュな住まいです。南国特有の気候や風土にもきちんと対応し、室内も快適で居心地のいい住空間が広がっています。昔から続く味わいある周辺環境にもよくなじみ、現代の生活習慣にも対応したこのお洒落な住宅を手掛けたのは、沖縄を拠点に活動する門一級建築士事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

沖縄のスタイリッシュな住まい

住まいのロケーションとなっている沖縄は、日本の中でも独特の気候と風土を持つ南国。台風や厳しい暑さのために、家作りにも様々な工夫が必要となります。そんな沖縄の特徴を熟知した建築家によって建てられた住まいは、洗練されたデザインが美しいモダンな2階建て。沖縄の民家特有の要素である屋敷囲いには琉球石灰岩が使われています。この石垣の存在によって、建物は古き良き沖縄らしさと新しさが絶妙なバランスで共存する、お洒落な外観になっています。

古民家とモダンな住宅のある風景

敷地の隣には伝統的な作りの古民家が建っており、その味わい深い雰囲気に配慮して隣地との境界に設けた塀は低めに作られました。そして住まいの建物の下の位置に開口を設け、古民家に面する側が壁だけの殺風景な眺めにならないようになっています。これによりお互いの住まいのプライバシーが確保できる上に、趣のある古民家周辺の雰囲気も守られます。夜になると、このように住まいから柔らかい生活の明かりがもれ出て、隣の古民家の足元までも優しく照らします。

リビングから楽しむ古き良き沖縄の風景

玄関ホールから1階のリビングを眺めた様子です。大きい開口の向こうにはちょっとした庭と屋敷囲いの石垣が見えます。住まいの建物の門周りの石垣は新たに作られたものですが、ここから見える庭部分の石垣は昔からあるものを残して利用したもので、刻み込まれた時間や独特の風情を感じます。こうして同じ住宅に違う時代に造られた2つの屋敷囲いがあるなんてユニークですね。沖縄の民家の屋敷囲いは、そもそも台風や厳しい暑さから住まいの守るためのものですが、住宅の景観や雰囲気を決める大切な役割も果たしていることが改めてわかります。

快適な空調の秘訣は吹き抜けにあり

こちらは吹き抜け部分から1階のリビングと畳スペースをのぞんだ様子です。一年を通して温暖な気候の沖縄は、室内の空気が温まって熱がこもりやすくなることに注意しなければなりません。そんな時に吹き抜けは、こもった熱を逃がしたり空気調節をして快適な室内環境を保つのにとても有効です。また住まいの高い天井は、視覚的にも精神的にもゆとりとリラックス感を与えてくれます。天井の構造材があらわしとなって、木の存在感がこのリビングスペースにアクセントを加えているのもポイントです。

沖縄らしさを感じる屋敷囲い

こちらは、住まいの縁側と庭を中心とした様子です。もともとあった屋敷囲いを残して利用しています。夜はこのように庭がライトアップされ、古き良き沖縄の風景を幻想的に映し出し、ノスタルジックで美しい空間となります。縁側に腰かけてこの庭を眺めながら、ゆっくりと流れる沖縄の時間を楽しめそうです。

気候を考えた空間作りで快適に

こちらは吹き抜けに隣接した書斎の様子です。造り付けのデスクと数多くの棚が作られています。天井部分は構造材のみで隙間を開け、部屋に空気がこもらないように工夫されているようです。書斎上部に設けられたハイサイドライトから熱を逃がすことが出来るようになっているため、1階から温かい空気が上がってきても対応できて安心です。このように沖縄のような暑い地域では、室内の空気をとどまらせることなく上手く流れを作ってあげることが快適な住まいのポイントとなっているようですね。

House 1: Camera da letto in stile In stile Country di Opera s.r.l.

Hai bisogno di aiuto con il progetto della tua casa? Contattaci!

Richiedi tuo preventivo gratis

Trova l’ispirazione giusta per la tua casa!