薪ストーブのある家10選

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

日本でもここ数年、薪ストーブの魅力が見直されてきました。家を新築されるとき、どうしても薪ストーブが欲しいという方も増えてきたと聞きます。しかし、薪ストーブは決して安いものではなく、煙突が必要になってくるので一度取り付けたら移動は難しくなってきます。それ故、薪ストーブに興味がある場合じっくり考える時間が必要です。こんな暑い夏に薪ストーブの話なんて・・・と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、少し薪ストーブについて考えてみてはいかがでしょうか?そこで、今回はこの薪ストーブのある家の魅力についてご紹介させていただきます。

居場所を見つけた薪ストーブ

シンプルな切り妻の屋根を持つこの家の大きなリビングルームに薪ストーブがあります。畳を3畳敷いたところに座ると向き合うような形になります。一段低くした土間スペースの真ん中に、まるで「ここは私の居場所」とでも言うように存在感を見せつけています。薪ストーブは雪の多いこの土地において、冬は家中を温めてくれる頼もしい存在ですが、その他の季節もきっと家族の一員のようにそこに居るのだと思います。

撮影:明 直樹

来客の多い家の薪ストーブ

細かく施した梁をデザイン的に見せているこちらのリビングルームに薪ストーブは置かれています。来客の多いこちらのお宅では大きなリビングルームが必要でした。炉台の石、フローリング、白い壁、それから梁という素材が螺旋階段と薪ストーブの黒を一層際立たせて広くても統一感のある上質な空間を作っています。この快適な空間の中では、薪ストーブを囲んでお客さまとの会話も一段と盛り上がることでしょう。

ライフスタイルに合わせた薪ストーブ

薪ストーブの似合う部屋のイメージはどうしても自然素材でできた空間というのが強くなります。それは薪ストーブ自体が自然と繋がりが強いからだと思います。しかし、最近はスタイリッシュなデザインの薪ストーブも多くなりました。ライフスタイルに合わせて選べるようになったのです。写真のようなリビングルームを見ると今まで薪ストーブに関心がなかった人も少し考えが変わってきそうです。

ロマンティックな家の薪ストーブ

欧米風のデザインの家には、このような薪ストーブが置かれています。ロマンティックなカントリー調のインテリアにはやはり炉台も炉壁も煉瓦になります。インテリアの小物までトータルにコーディネートされて、これなら夏でもインテリアの一部として薪ストーブの役割は大きいですね。

小さいリビングルームの薪ストーブ

「低い天井、大きく吹き抜けるところなど立体的なメリハリもあることで実面積以上の広がりが感じられるはず。」と言うのは“繋がり”ということをコンセプトにこの家を設計したFAD建築事務所。小さなリビングルームのほぼ中央に薪ストーブが配置されたので集まってきた家族が自分の場所を見つけやすくなっています。そして、吹き抜けを通してストーブの暖かさは2階へも届き、家中を心地よい状態にしてくれます。

伝統的な日本家屋の薪ストーブ

杉板張りに漆喰の壁のコントラストが美しいこちらの住宅のリビングダイニングに薪ストーブがあります。大きく開け放たれた空間は引き戸によって仕切ることができます。薪ストーブの炉台と炉壁に黒色のモザイクタイルを使い伝統美の中にしっかり調和させています。「生活の実用」を重視してこの家を設計したのはクラフトサイエンス。手技がひかる職人とともに伝統的な日本家屋のもつ心地よさを現代に生かしています。

かわいらしいコテージの薪ストーブ

絵本の中から飛び出してきたような薪ストーブのある家を紹介しましょう。炉台に素焼きのタイルを使いかわいらしい雰囲気を作れば、コテージとしての機能性があるだけでなく見た目にも楽しくなってきます。薪ストーブの特徴の一つに料理ができるということがあります。部屋を暖めたついでに料理も作ってしまおう・・・電気もガスも使わない生活はまさにスローライフ!薪ストーブがあれば楽しい時間が永遠に続きそうです。

木々に囲まれた家の薪ストーブ

木の質感を活かしたこだわりの内装を持つ家のリビングに薪ストーブがあります。螺旋階段の手摺は鉄の鍛造作りとし、黒いラインが薪ストーブと調和して空間を引き締める役割をしています。天井の高いこのようなリビングルームでも、薪ストーブの暖かさが変わることはありません。周りは木々に囲まれている場所なので、どこからともなく薪を割っている音が聞こえてきそうです。

広いリビングダイニングにある薪ストーブ

階段吹き抜け部に設置されたのがこちらの薪ストーブです。広いリビングダイニングはキッチン上部も吹き抜けています。このような広い開放的な空間を暖かくしてくれるのは、薪ストーブしかありません。特に寒い冬はきっとその威力を見せてくれることでしょう。ストーブ周りにはたくさんの薪を置くスペースも確保されています。

薪ストーブのためのステージがある家

炉壁を天井まで立ち上げ、薪ストーブをまるでステージに上げたように据えたのがこちらのお宅です。ここでは、薪ストーブの前に座って、様々に姿を変える炎を眺め、木の燃える音を感じるために照明もこだわりました。「親戚一同で集まって楽しいひとときを過ごしたい。」という施主の要望を十分に満たしてくれる空間になりました。

House 1: Camera da letto in stile In stile Country di Opera s.r.l.

Hai bisogno di aiuto con il progetto della tua casa? Contattaci!

Richiedi tuo preventivo gratis

Trova l’ispirazione giusta per la tua casa!