homify360°: 変形敷地にも関わらず心地良さを感じさせる「Delta house」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとしても普通の家が建てられるとは限りません。というのも敷地が極端に狭かったり、特殊な形状をしている場合があるからです。もちろん普通の家が建てられないからといって、心地良い家を諦める必要はないでしょう。今回紹介したいのは、特殊な敷地に建てられた特別な空間を持つ家です。それを手がけたのは水野建築事務所。建てられた家「Delta house」では、心地良さを感じられるようになっています。

変形敷地に建つ家

今回家が建てられたのは神奈川県の藤沢市。敷地はかつて農地として使用されていた場所でした。住宅地に転用されるということで家を建てることになったのですが、大きな問題がありました。それは敷地が特殊な形状をしていること。また建築基準法のこともあり、ここに大きな家を建てることはできません。そこで決して大きくなくても、広がりを感じられる家が建てられることになりました。

特別な空間

建物の外観は少し特別なものに見えるかもしれません。2階建ての建物の1階部分にあるのは駐車スペース。それは建物をえぐる形で作られているため、2階が大きく張り出した形をしています。このような特別な形状の建物を特徴付けるのは建物中央にある中庭。建物はその周りに建てられているため、建物の内部の空間は複雑なものとなっているのです。

明るい屋内空間

複雑な形をした建物ですが、その中には心地良い空間が広がっています。家の中にあるのは白色にまとめられた壁。それは明るさを感じさせてくれます。その効果を一層強くするのは外側の壁と中庭側の壁に設けられた窓。様々な所から太陽の光が射し込むようになっており、家の中はとても明るくなっています。もちろん多くの窓は壁の存在感を弱めて、空間の広がりを感じさせてくれるでしょう。

単調さや飽きを感じさせない空間

中庭は明るい空間を演出しますが、その役割はそれだけに留まりません。普通の家であれば、4角形となっているため、単調さを感じることになります。ですが、ここにあるのは特殊な形をした空間。中庭部分を回ることができるため、家の中で行き止まりにあたることはありません。複雑なスペースの広がりは単調さや飽きを感じさせることはないでしょう。

狭さを感じることなく心地良さを感じられる家

本住宅は特殊な敷地の形状や建築基準のために、決して広い空間ではありません。ですが中庭を設けることで、特別な空間を生み出して行き止まりが生み出す閉塞感を感じさせないようにしています。また中庭に射し込む太陽の光は、窓を通じて家の中を明るい空間に演出します。このように、ここでは家の狭さを感じることなく心地良い生活を送ることができるのです。

House 1: Camera da letto in stile In stile Country di Opera s.r.l.

Hai bisogno di aiuto con il progetto della tua casa? Contattaci!

Richiedi tuo preventivo gratis

Trova l’ispirazione giusta per la tua casa!